布ナプキンは口コミを元に選ぶと良いです

最近注目されている布ナプキンですが、実際に利用したことがない人は、どういったメリットがあるのかよくわからないかもしれません。布ナプキンをとは、布でできたおりものライナーや生理用のナプキンのことで、コットンのショーツのようなつけ心地で、違和感がないのが特徴です。どうして注目されているのかというと、生理痛が軽くなる、冷え性が改善する、かぶれやかゆみが緩和される、生理中の臭いが気にならないなどさまざまな効果が期待できるからです。生理痛というのは、子宮の筋肉が収縮するときに起こる症状で、子宮内膜がはがれ落ちた組織や月経血を異物として認識し、体外に押し出そうとする事で、筋肉が収縮していきます。このときの異物が多いほど、収縮活動が増えて痛みが増してしまいますが、紙ナプキンに含まれている石油素材などが、生理痛を引き起こす原因の一つだと考えられています。

口コミでも人気の布ナプキンの効果

紙ナプキンの多くは、水分を含むとジェリー状になる高分子吸収体ポリマーが使用され、経血を吸収した紙ナプキンによって、子宮が冷えてしまい、生理痛などのさまざまな不快な症状を引き起こしてしまうと考えられています。布ナプキンは天然素材でできていて、重ね着と同じ効果を発揮しますから、子宮を包み込んで体を温めていきますから、冷え性を解消することができます。また、コットン素材でできていますから、通気性もよく、湿気を逃して水を逃さないため、むれにくくかぶれにくいため、紙ナプキンよりも快適に過ごすことができます。そのほかにも、紙ナプキンは、石油原料と高分子吸収剤が経血とふれることでにおいを発生することがありますが、布の場合なら、通気性もよくムレも発生しないので、生理のいやなにおいが気になりません。

口コミを見て選ぶと失敗が少ない

布を使ったナプキンは、紙ナプキンと比べていろいろなタイプがあります。紙ナプキンのように、1枚で使用できる一体型や、吸収体だけを交換して使用するホルダー型、ハンカチのような形をしているプレーン型があります。一体型は、従来の紙ナプキンと同じように使用できるので、初めて使う人にはおすすめです。口コミでも人気があるのがこのタイプで、交換時にすべてを交換するため、衛生的で、しっかりと固定されているので、ずれにくいというメリットがあります。ホルダー型は、吸収体だけを交換するため、洗濯後の乾きが早く、経血の量のあわせて吸収体の枚数を調節することができるのが特徴です。プレーン型は、選択が簡単というメリットがあります。これから初めて布タイプを使うという人には、一体型がおすすめですが、使いやすさや漏れにくさを重視して選ぶとよいでしょう。